2011年03月15日

福島県(相馬〜南相馬〜浪江町)地震被災後の上空からの連続動画映像 主に陸側

福島県の地震・津波後の被災情報について上空(ヘリコプター)からの撮影された映像・動画です。

東北地方太平洋沖地震で発生した津波の襲来後の映像・動画です。

福島県南部から北部の撮影(主に海岸沿い)は以下を参照
福島県(浪江町〜南相馬〜相馬)地震被災後の上空からの連続動画映像 主に海岸側
「東日本大地震 福島上空@ (3/12撮影)」


福島県の北部から南側の海外沿いを上空(ヘリコプター)からの映像・動画です。
主に海岸から陸地側へ向けて被害状況がわかります。

東北地方太平洋沖地震の動画・映像は、2011年3月12日 13時頃から撮影されたものです。
この動画、映像は、全体で11分59秒分。

福島県の各地域の再生時間の目安は以下のとおりです。

福島県の南から順番に海岸沿いを連続して撮影しています。


・福島県 相馬市 (松川浦付近の被災状況)         (動画 開始から)
・福島県 相馬市 (古磯部付近の被災状況)         (動画 1:48秒時点)
・福島県 南相馬市(釜舟戸地区付近の被災状況)       (動画 2:30秒時点)
・福島県 南相馬市(鹿島区南海老付近の被災状況)      (動画 2:50秒時点)
・福島県 南相馬市(鹿島区南右田 真野川河口付近の被災状況)(動画 3:27秒時点)
・福島県 南相馬市(東北電力原町火力発電所付近の被災状況) (動画 3:48秒時点)
・福島県 南相馬市(原町区下渋佐 新田川河口付近の被災状況)(動画 5:00秒時点)
・福島県 南相馬市(原町区小浜付近の被災状況)       (動画 5:34秒時点)
・福島県 南相馬市(小高区塚原 小高川河口付近の被災状況) (動画 6:27秒時点)
・福島県 南相馬市(小高区井田川付近の被災状況)      (動画 6:44秒時点)
・福島県 浪江町 (請戸港付近の被災状況)         (動画 7:05秒時点)
・福島県 双葉町・大熊町(福島第一原子力発電所付近被災状況)(動画 9:20秒時点)

途中編集されている個所もありますが、ほぼ連続して地震・津波の被災情報を動画・映像として撮影しているので、この地域の間の市町村も確認することができます。

どの個所まで地震による津波の影響があったか、津波の影響範囲がわかります。

撮影者に貴重な情報を公開頂き、感謝致します。

「東日本大地震 福島上空A (3/12撮影)」


スポンサードリンク:
【福島県地震被災後の上空から被災情報・動画の最新記事】
posted by 被災情報収集 at 10:05 | Comment(8) | 福島県地震被災後の上空から被災情報・動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の家、近所の風景、子供のころ遊んだ場所、学校に通った道、すべて違う景色になってしまいました。今年の正月までは、昔からほとんどかわらない風景だったのに・・・。初めて見た自分の町の動画には自分の家が映っていないのがとても残念です。
3月15日現在、瓦礫の下で、残った廃墟で、避難場所で、まだ戦っている仲間達がいることでしょう。
こちらでできることはするからがんばってくれ。規制が解除されれば必ず助けに行く。
Posted by 浪江町 at 2011年03月15日 15:20
私も家族がまだ請戸にいます。
生きてると信じています。

必ず助けにいきます。
必ず迎えにいきます。

私にとって、犬も知り合いもみんな
家族です。

信じましょう!!みんな生きてます
Posted by ma at 2011年03月16日 16:01
被災地である相馬市の情報が中々ニュースなどに出なくて、いらいらしておりましたところ、偶然にも映像を見ることが出来ました。本当に災害を受けた町を実感としてとらえることが出来ました。相馬市尾浜の海水浴場の近くで生まれ育ちました。今はただ親戚、友人、知り合いの安否を一日でも早く確認したいです。

動画を提供して頂いたことに感謝します。
Posted by 小泉 あきら at 2011年03月17日 20:50
今年の正月、一人残している母と弟夫婦と「小高はいいとこだなぁ」なんて話をしていたのに。
ハゼ釣りや泳ぎに行った塚原、村上
あるはずの友だちの家が、いくら探しても見えない。見つからない。
泳ぎに行った帰りの寄ると、おばさんがもいだばかりのキュウリに味噌をつけて手渡してくれた。あの家・・・
無事、避難していることを心から祈るばかりです。
Posted by 旧小高町出身 at 2011年03月20日 19:57
請戸が無くなっちゃった。実家も見慣れた町並みも無くなった。知り合いのおじさん・おばさんもいなくなった。後輩達もいなくなった。きっとこの瓦礫の中。人々の命も宝物も瓦礫の中。富岡のアパートにも戻れない。相双地区は忘れ去られている。
知っている顔を見たい。明日の事を話したい。早く戻りたい。思い出を探したい。残してきたペットも気がかり。
危険とわかっていても早く戻りたい。
Posted by ヤナイ at 2011年03月22日 09:02
私は、浪江町請戸生まれのものです。変わり果てた街並みに言葉もありません。実家の家もありません。
心からお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
Posted by 本田 彰 at 2011年03月25日 08:40
有難うございます
Posted by きじ at 2011年03月29日 11:03
貴重な資料ありがとうございます。

Posted by うみかわ at 2011年04月05日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。